2010年2月2日火曜日

第34回楽生曾シネマDEりんりん・「時をかける少女」プレイベント


1967年に筒井康隆が発表したSF短編小説「時をかける少女」、
1983年原田知世主演、大林宣彦監督で映画化され大ヒットを記録し、
1997年には中本奈奈主演、角川春樹監督で再映画化と言う人気作品が 12年ぶりに実写映画化!
原作の主人公、芳山和子の一人娘、芳山あかりをヒロインにしたオリジナル物語で、大学進学を控えた主人公あかりが、交通事故で意識不明になった和子に代わって1970年代にタイムリープ。
母親の初恋相手を探しながら成長して行く姿を描き、原作の「その後」に焦点をあて原作映画ファンにも楽しめる様にアレンジされリニューアルした作品である。
主人公あかりを演じるのは2006年にアニメーション映画として別の視点から描いた「時をかける少女」、細田守監督で主人公の声を演じている若手注目株の女優、仲里依紗(「純喫茶磯辺」「パンドラの匣)、そして共演に、中尾明慶(「キャプテントキオ」「ROOKIES」)と言う旬の役者を揃えて、3月13日より全国公開へと期待が高まる注目作!
今回のシネマDEりんりんは「時をかける少女」http://tokikake.jp/indexp.htmlのプレイベント!
ゲストに向かえるのは2010年版「時をかける少女」の谷口正晃監督です。
谷口正晃監督は、これまでに根岸吉太郎監督、井筒和幸監督、滝田洋二郎監督、篠原哲雄監督など、さまざまな日本を代表する監督の下で助監督を務め、本編が長編映画初監督作となる。
その谷口正晃監督に「時をかける少女」の魅力を余すところ無く語って頂き、参加されるみなさんとともに楽しんで行きたいと思います。
勿論毎回お馴染み、トークの後には谷口監督を囲んでの懇親会もご用意いたしております。
この春一番の話題作「時をかける少女」の公開が楽しみですね。

みなさまのご参加お待ちしております!!!

では詳細~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆日時:平成22年2月25日(木)19:00~ 22:00

☆場所:交流サロンSHU http://www.shu-yu.net/ 
東京都港区西新橋2-13-6ミタニビル3F ℡:03-3504-2387

☆会費:3500円 (トークイベント+懇親会の飲食込みです!)
※会当日会費とは別に、映画「時をかける少女」の前売り券も販売致しますので、そちらも、 みなさま宜しくお願い致します!

☆ゲスト:谷口 正晃監督              

☆進行・聞き手: 林 康弘(楽生曾シネマDEりんりん) 
楽生曾・シネマDEりんりんHP:http://www.cinemaderinrin.com/ 

☆お問い合わせ&連絡先     林 康弘 ℡:090-9290-5143       

☆締め切り:基本、当日参加も可能ですが、会場の都合などもありますので、なるべく2月23日(火)ころまでにご連絡下さいませ!みなさまのご参加お待ちしております!!!

5 件のコメント:

りんりん さんのコメント...

撮影の上野彰吾さんもご参加下さるとの事です。

他にも数人に声をかけていますので、関係者がお見えになると思います

chanshizu さんのコメント...

いろいろな意味で懐かしいです。青春の1ページとしての作品でした。なので新しい「時をかける少女」に期待大ですね!
アメリカからちょっとしたお土産持参で参加します。参加される方楽しみにしていてくださいね!

インディアナボンド さんのコメント...

別件ですが・・・
 みなさまもご存じの中野「一水居」のPRビデオです。
私(川崎)が撮影しました。
 伊木さん奥さま登場します。
 見てください。
http://www.youtube.com/watch?v=X3KA3XDpV2s

りんりん さんのコメント...

chanshizuちゃん

お土産期待します。

今回少し時をかける少女について調べてみました。
映画化は今回をいれて4回目(アニメ版1回)ですが、これはみなさんも知る通りの第34回の説明文中で記載しています。

テレビドラマとしても実は4回作られているんですね。

まあ、詳しくは25日に・・・・・今回の2010版・「時をかける少女」の置かれている位置関係なども踏まえて!

りんりん さんのコメント...

インディアナボンドさん

先ほどyoutubeで観ました。

「一水居」、一度は伺わないとな~・・
しかし、PRビデオ、あたりまえですけども出演者や店内のポスターなど、見た事ある人達ばかりです。

あッ、もうすでに、インディアナボンド(川崎)さん、25日、参加者名簿には入れてありますので宜しくです。